スポンサーサイト

  • 2008.02.16 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


DOZING GREEN(初回生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

評価:
Dir en grey,京
Fire Wall Division
¥ 1,199
(2007-10-24)
Amazonランキング: 28538位
Amazonおすすめ度:
JUGEMテーマ:音楽

 おなじみ『Dir en grey』の最新シングル(といっても発売日は去年の10/24)。
 インディーズから数えて21枚目となるシングルは、前作の最狂のシングル『Agitated Screams of Maggots』に比べてかなり落ち着いたスローなナンバー。『THE MARROW OF A BONE』の世界観の、破壊と耽美な感じは確かにあるがより抽象的になった気がする。
 金切り声、デスボイスも勿論使われていて、今回は更に前々からライブで京がやっていたアカペラ(一部のファンの間ではお経と呼ばれている。)も曲の前後に収録されている。
 ジャケットは山本タカトさんという人のデザインで、PVは楳図かずおさんとコラボレーションしている。初回版の紙ケースは凄く凝っていて、切り離すと一枚の絵になるみたいです。歌詞カードは少し見づらいですが、普通に見れます。
 読みは一般的に『ドウジング グリーン』です。


 アカペラの関係か、全体的に宗教的な雰囲気がした。『MACABRE』の『HYDRA』のセルフカバーとなる『HYDRA-666-』は原曲とは大分変わっていて、曲構成、一部の演奏とメロディ、詩中の『SID』と『DEAD BORN』位しか共通点が無いので、殆ど別の曲と思って良いかもしれない。
 『鬼葬』、『MACABRE』時代の『Dir en grey』っぽさが少しある作品…だと思う。でも音はヘヴィで最近の『DIR EN GREY』。

続きを読む >>

Merveilles(メルヴェイユ)【MALICE MIZER】

評価:
MALICE MIZER,Gackt,島田陽平
コロムビアミュージックエンタテインメント
¥ 2,216
(1998-03-18)
Amazonランキング: 10048位
Amazonおすすめ度:
『MALICE MIZER』。
読みは『まりすみぜる』。
Gacktが在籍していた事と、V系ブームだった当時でも異様に目立つけばけばしい衣装で一般人でも知っている人がいるバンド。
音楽性は、基本的にはクラシックっぽさを混ぜたポップな曲や疾走曲が主だが、ギターを使っていない曲もあったりして多様。
興味の無い人から見ればコミックバンドだが、好きな人が聞けばロックという枠を超えて本当の意味での『アーティスト』となる。
Gacktは現在もソロ(?)活動中。gtでリーダーのmana様(様付けは基本)は『moi dix mois』というバンドで活動している傍ら、『Moi-meme-Moitie』というエレガントゴシック&ロリータのファッションブランドを立ち上げている。『moi dix mois』は世界でも(の方が?)人気があるそうな。

このアルバム『merveilles』(読みはメルヴェイユ)はGacktが在籍していた頃のアルバムで、当時ヴィジュアル系ブームだった事もあり『MALICE MIZER』の中では最も売れたアルバム。
インディーズから数えて5thで、メジャーでは1stとなるアルバム。
シングルからは『ヴェル・エール〜空白の瞬間の中で〜』、『au revoir』、『月下の夜想曲』が収録されている
続きを読む >>

nuケミカルレトリック(通常盤)【メリー】

評価:
メリー
ビクターエンタテインメント
¥ 2,890
(2005-09-07)
Amazonランキング: 57223位
『Dir en grey』の京、清春、『蜉蝣』の大祐と親交があると噂のボーカル、ガラを有するヴィジュアル系バンド『メリー』。

『メリー』のボーカル、ガラ。
とにかく声がハスキー。歌詩も独特で不思議な世界観を持っている。ライブでは、喋らないキャラでも有名だけど、2006年のカウントダウンライブ(?)では初めてMCで喋ったらしい。
不思議なバンドマンが多いヴィジュアル系バンドの中でもひときわ異彩を放つバンドマンだと思う。

今回のアルバム『nuケミカルレトリック』はメジャー1stのアルバムでインディーズからオリジナルアルバムだけを数えると4枚目のアルバム。
雰囲気としては 歌謡曲っぽいヴィジュアル系バンド+個性 のような感じになっている。
他の音源を持っていないから分からないが、『全体的に丸くなった。』という意見も多い。
PEEP SHOW欲しいなぁ。

読み方はもちろん『めりー』、アルバムは多分『にゅーけみかるれとりっく』。
続きを読む >>

CORKSCREW【黒夢】

評価:
黒夢,清春,土方隆行
東芝EMI
¥ 1,800
(1998-05-27)
Amazonランキング: 132055位
Amazonおすすめ度:
ヴィジュアル系…ではない頃の黒夢。耽美さ0のアルバムです。
私こういった脱ヴィして自分達の路線を突き進んでいくアーティスト好きなんです。(脱ヴィして売れ線になっちゃうようなアーティストは嫌いだけど...)
耽美な黒夢が聞きたい方は『feminism』、『Cruel』辺りが良いのではないでしょうか。
『生きていた中絶児』なんかはダークヴィジュアルの原点な作品ですが、音質が良くない上、今聞くとちゃっちいです。
あと、本作が好きな方は『Drug TReatment』、『SADS』の1st『SAD BLOOD ROCK'N'ROLL』なんかが結構お勧めですよ。
黒夢自体が知りたい方には『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』がお勧めです。
読み方は『黒夢』は『くろゆめ』、『CORKSCREW』は『こーくすくりゅー』ですよ。
続きを読む >>

Life Is Peachy

評価:
Korn
Sony Mid-Price
¥ 1,096
(1996-10-15)
Amazonランキング: 53636位
Amazonおすすめ度:
KOЯN。コーン。
多分モダンヘヴィネスなバンド。
日本でも割りと有名…だと思う。

2ndアルバム『Life Is Peachy(らいふいずぴーちぃ)』。
コーンだけに全体的にヘヴィでダーク。一曲目からぶっとんでる。
Wickedという曲は『あいすきゅーぶ』というヒップホップグループ(?)のカバーらしい。
ちなみに一作目はこれよりもヘヴィでコレ以降から丸くなったり失速したと言われるらしいですが、コーンはコレしか持ってないから分かりません。

色は全部黒
展開は謎
続きを読む >>

NIL(完全初回限定盤)(DVD付)

評価:
ガゼット,流鬼.
キングレコード
¥ 3,780
(2006-02-08)
Amazonランキング: 36175位
Amazonおすすめ度:
ガゼットです。そろそろ洋楽とかちょっと違うテイストのものをレビューしようかと思ったんですが、諸事情でガゼットです。


ミニアルバムを含めると8枚目、フルアルバムでは2枚目ろなる今回のアルバム『NIL』。 音に関して言えば、全体的に激しい曲は減った(勿論無くは無い。)のは残念だったが、質としてはとても良くなった気がする。
まず、アルバムの雰囲気を作れているし、歌詩も題材が割りと真面目なものになったと思うし、言葉遊びのような歌詩が減った。
ガゼットもそろそろ新しい段階に入り始めているような気がした。

CD自体に関しては、まず、ジャケットのベロア素材(?)が中々かっこいい。でも歌詩がCDケースにくっついていて読みにくいのはいただけない。
初回版の特典は限定DVDで、内容は『SHADOW VI II I』のPVでした。確かにかっこいいけどもうちょっと特典付けても良いような…
続きを読む >>

Withering to death.

評価:
Dir en grey,京
フリーウィル
¥ 2,993
(2005-03-09)
Amazonランキング: 25631位
Amazonおすすめ度:
インディーズから数えてミニアルバム、リミックスアルバムをを含めると8枚目、フルアルバムのみだと5枚目のアルバム。
間違いなく名盤。
捨て曲無し。曲の個性が凄いのにアルバムとしての統一感がある。
ヴィジュアル系+モダンヘヴィネス+自分達の色みたいな感じ。
『VULGAR』と『THE MARROW OF A BONE』の中間に出たアルバムなんだけどそれ以上のものがある感じ。
この作品に出会えて良かった。
読み方は一般的に『うぃざりんぐとぅです』。とぅは英語のtoですので。
続きを読む >>

斑蠡~MADARA~

評価:
ガゼット,流鬼.,大日本異端芸者の皆様
キングレコード
¥ 2,625
(2006-05-03)
Amazonランキング: 7579位
Amazonおすすめ度:
最近巷でも少しの話題のガゼット。
アンチが多い事でも話題のガゼット。
パクり騒動は一時期に比べ表面上では落ち着いてきたガゼット。
読み方はまんま『がぜっと』。アルバムもまんま『まだら』なはず

ガゼット。嫌いじゃないです。hyenaも悪くないと思います。
なんだかんだヴィジュアル系の中では良質な方だと思います。
パクリについても割とどうでもいいほうなので気にならないです。
個人的には『出る杭は打たれる』の典型的な例だと思ってます。


5枚目ののミニアルバム『斑蠡〜MADARA〜』ですが、初回版には菫という曲が収録されてるみたいです。それとは別にオフショット付きのPV集もあるみたいです。
全体的にまとまってない印象を受けますが、歌ものと激しい曲どっちも出来るのがガゼの魅力の一つだと思うのでこれくらいの方が丁度良いかもしれません。
『貴方ノ為ノ此ノ命。』なんか代表曲のような気もします。
私のパソコンとCDの相性が悪いみたいで油断してるとパソコンが素敵なカッティングをしやがります。
続きを読む >>

THE MARROW OF A BONE(初回生産限定盤)

評価:
Dir en grey
フリーウィル
¥ 4,980
(2007-02-07)
Amazonランキング: 48636位
Amazonおすすめ度:
インディーズから数えてミニアルバム、リミックスアルバムをを含めると9枚目、フルアルバムのみだと6枚目となるアルバム。
前作Withering to death.が良すぎたから今回はそこまで期待してなかったけど良い意味で期待を裏切ってくれた。
全体的に洋っぽさが増えたのは否めないけど、個人的には海外に媚びてる感じはしなかった。
前作と比べると全体的に重くなった印象をうける。 楽器隊(特にベース)は大きく進化している。京については高音、デスボイス共に進化していて金切り声まで使っている。
歌詞カードは読み難い。
問題の英詩は良くはないけどまぁ許容範囲内。 気になる人は気になるかも。
賛否両論ありそうだけど個人的には傑作。
一般的な読み方は『でぃるあんぐれい』。 アルバム名は『ざまろうおぶあぼーん』で合ってると思います。 CMの京は『まろうおぶあぼーん』と言ってますが、個人的には語呂の関係じゃないかなと。
続きを読む >>

ブログ開設

宜しくお願いしますね

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
webclap
search this site.
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
Merveilles(メルヴェイユ)
Merveilles(メルヴェイユ) (JUGEMレビュー »)
MALICE MIZER,Gackt,島田陽平
ネタバンドじゃねぇ
recommend
nuケミカルレトリック(通常盤)
nuケミカルレトリック(通常盤) (JUGEMレビュー »)
メリー
お洒落でレトロなロック。
recommend
CORKSCREW
CORKSCREW (JUGEMレビュー »)
黒夢,清春,土方隆行
きよっぱる流パンク
recommend
Life Is Peachy
Life Is Peachy (JUGEMレビュー »)
Korn
らいふいずぴーちぃ
links
profile
others
counter
ブログパーツUL5
mobile
qrcode
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM